恵比寿のサウナ付きカプセルホテル、ドシー(℃)に泊まってみた

先日、恵比寿のカプセルホテルドシー(℃)ドシー恵比寿に泊まってみました。
渋谷周辺で安く泊まれる宿は少ないので、とても便利でした。

恵比寿駅から徒歩1分の好立地

ドシー(℃)ドシー恵比寿内観 _公式サイトより

僕は月一回くらいのペースで、気分転換も兼ねて、都内近郊(たまに遠方)のゲストハウスやカプセルホテルに宿泊しています。

最近ゲストハウスが増えたことにより、2000円前後で泊まれる宿が増えているので、気軽に外泊できるようになりました。

ドシー(℃)恵比寿 公式サイトだと一泊4,900円からと書いてありますが、Booking.comドシー恵比寿 宿泊予約【楽天トラベル】からも予約することが出来ます。

僕は楽天トラベルのオープン記念プラン+割引クーポンで2,700円で泊まれました。

土曜日の宿泊でこの値段ですから、かなり安いと思います。

広くて清潔なサウナが最大のポイント

内装は木目調で統一されており、おしゃれな感じです。

ドシー(℃)ドシー恵比寿内観 _公式サイトより

そして一番の売りはサウナです。

ドシー(℃)ドシー恵比寿内観 _公式サイトより

サウナの魅力を知ってからというものの、これがこの宿一番の楽しみでした。

しかし、実際の宿の印象としては、値段からすれば十分ですが、全体的にもう一声という感じでしょうか。

同じような新興カプセルホテルチェーンのファーストキャビンと比べると、全体的に詰めが甘い印象は拭えませんでした。

気になった点 [サキュリティー面とサウナ]

  • 寝室・シャワールーム共にオートロックなどが無く、誰でも入室可能。
  • 外階段を使えばフロントを通らずに各階に入れるのも気になった。
  • レビュー等でも指摘されている通り、掃除があまり頻繁でないためか、水回りが汚れていることが多い。
  • シャワールームの脱衣所が廊下から丸見え。
  • 水風呂が無い。(サウナ好きの人にとってこれは致命的では…)
  • 水風呂代わりのウォームピラー(水が落ちてくる装置)の魅力が全く解らなかった。
  • 夜中でも寝室は明るかった(消灯が無い)

総じていうと、お店のコンセプトに対して、実際の印象がそれほど良くない点が多いと感じました。

特に、セキュリティー、プライバシー面の弱さは印象的でしたが、それ以外にも、「これ、この使い方で合ってるのかな?」という感じる箇所が多く、文字情報での説明を増やしたほうが良いのではと感じることが何度かありました。

とは言え、立地の便利さと安さを思えば、個人的には十分満足でした。

良かった点 [アメニティの充実とコスパ]

  • サウナルームが清潔で気持ちいい。
  • 水風呂やウォームピラーの代わりにシャワーを使うのがオススメ。
  • アメニティが充実。特に部屋着も付いているのは便利。
  • 女性も利用できるカプセルホテルは珍しい(全て別階になるため安全)
  • 寝室数に対して、トイレや洗面所の数が豊で混雑しない。
  • 深夜帰宅でもフロントの方が好印象だった。
  • 渋谷から歩ける距離のため、終電を逃しても夜遊びできる。
  • 立地と設備、アメニティの豊富さを考えればコストパフォーマンス最高。

個人的にこの手の宿で大事なのは、朝の準備に不便しないことです。
具体的には、シャワーやトイレや洗面所が渋滞せずにスムーズに使えることでしょうか。

洗面所が別階にあるのは不便という声もあるようですが、僕はさほど気になりませんでした。

コストパフォーマンス×サウナが最大の魅力

あと数千円多く払えば、高級カプセルホテルやビジネスホテルという選択肢もあるのでしょうけど、渋谷周辺でこの値段で気軽に泊まれるのですから、それこそが最大の魅力だと思います。

それを割り切れる方であれば、十分魅力的な宿だと思います。

ドシー(℃)ドシー恵比寿外観 _公式サイトより

ABOUTこの記事をかいた人

Author : Kosuke Matsuura

最後までお読みいただきありがとうございました。 精神保健福祉士として、日本で1番「うれしい・たのしい・やさしい」のある福祉施設の運営を目指すNPO法人インターメディカルの運営を行う傍ら、生活困窮家庭の子供たちに無償の学習支援教室を開催する、NPO法人街のひろばの代表をしています。タイへの旅がきっかけで、タイ古式マッサージや瞑想についても勉強中。国内外問わず、様々な場所に出かけ、様々な人と出会いながら、生きづらさや、挫折を抱えても、常識に縛られることなく、心から楽しいと思える生き方を創造できる世の中を創ることを自分のミッションとしています。