世界一簡単なベトナムドン(VND)と日本円(JPY)の換算方法

シェアする

日本一簡単なベトナムドン(VND)と日本円(JPY)の換算方法

ベトナムで買い物をする際、困ることが現地通貨(ベトナムドン・VNDなどと表す)の計算ではないでしょうか?

photo credit: -AX- Easy to be millionnaire in Vietnam via photopin (license)

ベトナムドン(VND)はとにかく数字の桁が多い!

ベトナムは、86年のドイモイ(経済自由化)政策後のハイパーインフレ、2007年WTO加入後、2008年リーマンショック後のインフレ率の急上昇の影響などで、とにかく通貨の値が大きいです。

例えば、2,000,000(200万)ドンと言うのは、日本円にしてほぼ10,000円のことを言うのですが、この計算を瞬時に行うのはなかなか大変です。

スポンサーリンク
レクタングル大

ベトナムドン(VND)の「0を2つ抜いて2分の1にする」計算は判りづらい!

一般的にベトナムドンは、後ろのゼロを2つ取って2分の1にすると日本円に換算できると言われています。

前回、そして今回のベトナム旅行でも、その方法で計算していたのですが、お店でとっさに「50万ドン」と言われた時に、「えーっと、ゼロを2つとって、割る2して…」という暗算をするのは至難の技でした。

さらには現地の方々は、ゼロの数を省略して、50kとか、50(フィフティー)とかと表す(言われる)ことが多いので、そうするとゼロを取るという計算が更に難しくなり、レジの前で店員さんを待たせてしまうことが多くありました。

あまりにもこの方法は不便なので、もっと良い方法はないかなと思ったのですが、僕の探し方が甘いのか(と言っても、現地で軽くググっただけですが……)、思いのほか別の方法が見つかりませんでした。

そこで数字をにらめっこしながら、僕なりの計算方法を考えたのですが、なるほどよく見てみれば、「k」の数字、あるいは大きな数字の下3ケタ「,000」より左の数字を5倍すれば良いのだと気付きました。

そうすると、現地でよくやり取りされる「50k」や「50,000」みたいな数字も、50×5ということで、250円程度ということが即座に計算できるようになります。

実際これで、僕は現地での買い物が劇的にスムーズになりました。

結論。ドンを日本円に換算したければ「k(,000より左の数字)の5倍」で計算すべし!

考えてみればタイのバーツ(1バーツ=約3円)も、インドのルピー(1ルピー=約1.5円)も、その他の国の様々な通貨も、基本的に掛け算で換算することが多いですよね。

もちろん、シンプルな割り算であれば暗算はそれほど難しくはないのですが、ベトナムドンの最大の難関は、ゼロを「2つ取る」という日本式の計算と、ゼロを「3つ取る(またはそれをKに置き換える)」という現地での一般的な省略方法とが異なっている点にあります。

なんて、ドヤ顔で解説していますが、この方法、多分僕が見つけられなかっただけで、ベトナムの生活に慣れていらっしゃる方であれば、きっと普通に知っていることですよねぇ?きっと。。。

Author : Kosuke Matsuura
最後までお読みいただきありがとうございました。

精神保健福祉士として働く傍ら、生活困窮家庭の子ども達に無償の学習支援教室を開催するNPO法人街のひろばの理事長をしています。タイへの旅がきっかけで、タイ古式マッサージのセラピストとしても活動しています。

街のひろばでは、子ども達をサポートしてくれる学生スタッフを募集しています!

スポンサーリンク
レクタングル大