ユニバーサルアプリ化でiPhoneにも対応!Diet Coda初のメジャーアップデートでCoda for iOSに進化。

シェアする

Panic社のiPad用WebコーディングソフトのDietCodaが遂に新バージョンとなりました。

Coda for ios

Coda

Coda (3,000円)
(2017.04.26時点)
posted with ポチレバ

僕も遅ればせながら今年(2015年)の4月に購入しておりました。

Dropbox対応し、オフライン編集に対応するようになったなど、マイナーアップデートは図られていたようですが、インターフェイスがiOS6時代から変わっていなかったり、Mac版に導入されていたPanicSyncに対応していなかったり、「もしやこのまま開発終了?」という気配を感じていただけに、嬉しいアップデートです。

スポンサーリンク
レクタングル大

主な変更点(公式サイトより)

  • New UI iOS9テイストを盛り込んだ新しいユーザインタフェース
  • iPhone もっとも多かったリクエスト!iPad・iPhoneの両方で動作
  • Panic Sync サイト設定やクリップ、接続情報をセキュアに同期
  • More Modes Go、INI、Lua、Scheme、Shell Script、SQL、Swift
  • Playgrounds Javascript実装テスト環境を搭載
  • Dual File Browsers ローカルとリモート、開発と本番などファイルブラウザを左右に並べて表示、管理、転送
  • Better Terminal パワフルなPrompt 2をそのままビルトイン
  • Better Preview AirPreviewの速度向上、Markdownのサポートなど
  • Protocols Amazon S3、DreamObjects、WebDAVをサポート
  • Lots More その他、細かい便利な新機能や修正が満載

個人的には、インターフェイスがようやくフラットデザインになった点と、Mac版と設定等が同期できるPanicSyncに対応した点が嬉しいです。

それと今回のアップデートの目玉である、iPhoneへの対応は、出先で急遽サイトの修正が必要になった際などに非常に助かるのではないでしょうか。

あと、ここには書いてありませんが、iCloudDriveでのファイル同期が可能(デフォルト)になっています。

ちなみに従来通り、Dropboxでのファイル同期も可能です。
やり方については、次の記事でご紹介したいと思います。

僕は元々Mac版のCodaユーザーだったのですが、高額なDreamweaverの代替ソフトとしてだけではなく、軽快かつ洗練された美しいインターフェースに惹かれて、今なお「使いたい気にさせてくれるソフト」の一つがこのCodaなんですよね。

iPad版のDietCodaも、非常によく作られていて好印象でした。
僕の環境では、Dropboxの同期が不安定だったのですが、今回のバージョンアップでそれも無くなりました。

Mac版共に、デビュー時に比べると開発のスピードが遅まった感はありますが、ゆっくりでも、確実に進化を果たしてくれるPanic社さんの姿勢は好感が持てますね。

1ユーザーとして、これからも愛用し続けたいソフトです。

Coda

Coda (3,000円)
(2017.04.26時点)
posted with ポチレバ
Author : Kosuke Matsuura
最後までお読みいただきありがとうございました。

精神保健福祉士として働く傍ら、生活困窮家庭の子ども達に無償の学習支援教室を開催するNPO法人街のひろばの理事長をしています。タイへの旅がきっかけで、タイ古式マッサージのセラピストとしても活動しています。

街のひろばでは、子ども達をサポートしてくれる学生スタッフを募集しています!

スポンサーリンク
レクタングル大