リーズナブルなカフェでゴージャスな景色を。バンコクおすすめのカフェ。River View Guesthouse Bangkok リバービューゲストハウス

シェアする

リーズナブルなカフェでゴージャスな景色を。バンコクおすすめのカフェ。River View Guesthouse Bangkok リバービューゲストハウス
2015年GWのバンコク旅行で行ってみたいと思っていた場所の一つがRiver View Guesthouseという宿でした。

チャオプラヤ川が一望できる安宿はないかと思って検索した場所がここだったのですが、なかなか日本語の情報がありませんでした。

かろうじて見つかる何件かのレビューは、素晴らしいというものもあれば、あまり評判が良くないものもありました。

公式サイトを見る限り、綺麗で良さげな宿に見えるんだけど、実際に行ってみたら写真のイメージとかけ離れたボロ宿ということは良くあるので、結局のところ行ってみるしかなさそうです。

周囲には住宅以外何も無い所のようなので、宿は別の場所で取り、屋上のカフェだけ行ってみることにしました。(カフェだけの利用もOKとのこと)

宿は中華街から少し歩いた場所にあります。

かなり入り組んだ道の果てにあるので、現地でSIMカードを購入し、GoogleMAPを見ながら歩けるような環境でないと、勘だけで探すのはかなり難しいと思います。

辺りは車などの工業部品を扱った工場のような家が多くありました。

中華街近くとはいえども、かなりローカルな(低所得層の住む)エリアであるので、夜道は怖いというのがネットでの情報でした。

中華街に降り立って、昼飯をとった後、GoogleMAPを見ながら宿の方向へと歩みを進みます。

10分から20分くらいでしょうか。思っていたよりは遠くありませんでした。

ただし、残り1kmくらいの場所まで来た所で、前情報の通り、道に迷ってしまいました。ここまで来ると、GoogleMAPでもナビゲートできない細かいエリアとなります。

最後の最後でものすごく細い道を通らねばならないみたいなのですが、辺り一帯が既に小道だらけなのです。

間違って入ってしまった工場の入り口にいた従業員の方に「リバービューゲストハウス(は、こっち?)」と言うと、「あっちだよ!」と微笑みながら指差してくれました。

なんだ、全然フレンドリーじゃないですか。

現地に滞在している方の本や記事を読むと、タイの低所得者層の住むエリアは麻薬中毒の人や不良少年達がいて危ないなんて記述を見かけたりすのですが、この辺は普通の下町だと感じました。

教えてもらった道を進むと、Googleストリートビューで予習していた路地の風景が見えてきます。

この先は、ストリートビューでは入り込めなかった迷路状態の小道が続きます。

しかし、ここまで来ると既にホテル名前の入ったビルが見えているので、建物に向かって道を探していけばたどり着けるでしょう。

_DSC0474

ホテルの前は、とても静かで、商店や食堂らしくものも全くありませんでした。

確かに夜に1人で歩くには結構怖いかもしれません。

屋上のカフェも、深夜は閉まっているとのことなので、夜の外出から帰ってきた後にのんびり夜景を見て1杯、なんてことはできなさそうです。

フロントの人にカフェに行きたいのだけど良いですか?と伝えると、快くエレベーターを案内してくれました。

エレベーターが目的の階に到着すると、目の前には壮大な景色が目に入ってきます。

……うわ、めちゃくちゃイイじゃん!

そこにあるのはウェブサイトのイメージ通りのおしゃれなカフェで、景色も最高。店員さんも好印象。それが僕の第一印象でした。

場所が不便なところにあるせいか、お客さんも他に3人くらいしかおらず、自由に席を選ぶことができました。

000658670019

初めは川沿いに一番近い席を選んだのですが、流石に日差しが強過ぎてすぐにダウンしました(笑)。

すぐに中のカウチスタイルのソファ席に移動しましたが、こちらはすこぶる快適でした。
余裕のある日程だったら、ここでのんびり昼寝をしたらどんなに気持ちいいでしょうか。

上層階なので風も気持ち良く、蚊もいません。

ドリンクも数十バーツと一般的な値段なので、これほどリーズナブルにチャオプラヤ川の絶景を満喫できる場所はなかなかないのではないかと思います。

000658670016
ちなみに屋上は360度、更なる絶景が楽しめます。

とは言え炎天下のバンコクでは、なかなかキツイものがありそうですが、この店を訪れた際は一見の価値はありますので、是非お忘れなく。

Author : Kosuke Matsuura
最後までお読みいただきありがとうございました。

精神保健福祉士として働く傍ら、生活困窮家庭の子ども達に無償の学習支援教室を開催するNPO法人街のひろばの理事長をしています。タイへの旅がきっかけで、タイ古式マッサージのセラピストとしても活動しています。

街のひろばでは、子ども達をサポートしてくれる学生スタッフを募集しています!

スポンサーリンク
レクタングル大